ピンサロで働く場合のメリット・デメリットを紹介|風俗で稼ぐ為の情報サイト

ピンサロで働く場合のメリット・デメリットを解説

 

ここではピンサロ(正式名称:ピンクサロン)で稼ぐ事を考えている女性に向けた色々な情報を提供してます。風俗は高収入が期待できますが決して楽な仕事ではありません。

 

その為、ちゃんとメリットとデメリットを正しく理解する必要があると言えるでしょう。ピンサロで働くなら絶対知っておきたい情報を解説をしていきましょう。

ピンサロで働く場合のメリット

 

時給制の為、給料が保証される

上記のお給料事情でも説明しましたが、ピンサロは殆どが時給制です。その為、お客がいない暇な時間でもお給料が発生します。

 

店舗スタッフが常に客の行動を監視してくれる

ピンサロはお客の本番交渉・強要などがないか、常に店舗スタッフが店内を巡回しています。その為、面倒事がなく安心して働けると言えるでしょう。

 

本番がないので体への負担が少ない

ピンサロでは本番の行為がないため体への負担は軽減されます。

 

ピンサロは生理の日でも出勤が可能

ピンサロでは生理の日でも出勤することを認めている店が非常に多く存在します。その為、下半身を触られる事が嫌な場合は「女の子の日なので…」とお客様からの下半身タッチを断る事ができます。しかし下半身タッチを楽しみにしているお客様も多いため、次の本指名は難しいかもしれません。

ピンサロで働く場合のデメリット

 

シャワーがないので衛生面で不安

厳密に言うとピンサロは風俗店ではなく飲食店として営業許可を取っている為、シャワーなどの設備を置く事が出来ません。その為、男性客のアソコはアルコールティッシュやおしぼりを使ってキレイにします。

 

口(アゴ)と手が疲れる

上記で、本番がないので体への負担が少ないと説明しましたが、ピンサロでの抜き方と言えばフェラチオと手コキですので、仕事が終わると口(アゴ)と手首が疲れます。

 

射精は口内射精が基本!

さらに発射は口内射精が基本です。これは設備を汚さない為に口内射精をさせるという意味があるようです。

 

すごく忙しい時もある

ピンサロは非常に人気の風俗で、お客の回転率が良いのが特徴ですが、混雑時や出勤している女の子が少ない時は目が回るほど忙しい事があります。

 

働く店舗が意外に少ない

現在の法律上、新規にお店を出店する事は非常に難しいため、年々お店の数が少なくなっているのが実情です。

 

複数の人に裸を見られる

ピンサロでは普通のソファーに座ってのお仕事になりますが、そのソファーは簡易的な仕切りやスケスケのカーテンでしか区切られていません。

 

その為、自分の裸やフェラをしている処が周りのお客様からも丸見えになってしまいます。この理由からピンサロで働く事を躊躇している人もいるようです。

【関連ページ】合わせて読む事をオススメします!
1.ピンサロの特徴・システムを解説
2.ピンサロの仕事内容・お給料事情を解説
3.ピンサロで働く場合のメリット・デメリットを解説